どうしても免れず

日々の生活 > おすすめ > どうしても免れず

どうしても免れず

2015年1月 6日(火曜日) テーマ:おすすめ

破産申告を検討する人で抱えているローンにあたりその保証人となる人がいる場合には、事前に話をしておいたほうが無難です。

 

ふたたび、改めてお話ししますが負債に保証人が存在する場合は、破産手続きの前段階できちんと考える必要があります。

 

なぜなら、今あなたが破産宣告をして受理されると、補償する立場の人があなたの負債を全部背負う義務が生じるからです。

 

破産手続き前に、過去の内容とかおかれた現状を説明しお詫びをしなければなりません。

 

そういうことは保証人となる人からすると求められることです。

 

負債者のあなたが破産することで強制的に何百万円もの負債が発生してしまうのですから。

 

そうすると、以後の保証する立場の人の選べる道は4つあります。

 

一つめはあなたの保証人が「全額払う」ということです。

 

その保証人がその何百万円もの負債を苦労することなく返金できるほどのようなカネを持っていれば、それが可能です。

 

しかしながらあなたは破産の手続きをせずにあなたの保証人に借金して、これからはその保証人に月々の返していくという選択肢もあるのではないでしょうか。

 

保証してくれる人があなたと関係が親しいのならばいくらか返金期間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

 

それにいっしょに完済不可能だとしても、金融業者も話し合いで分割支払いに応じるかもしれません。

 

あなたの保証人にも債務整理を実行されてしまうと、借金が全然返金されないことになってしまうからです。

 

また保証人がそれらの負債をあなたに代わり支払う財力がない場合は借金した同様に借金の整理を選択しなけばなりません。

 

2つめが「任意整理をする」ことです。

 

これは貸した側と話し合うことにより5年ほどの期間で完済していく方法になっています。

 

お願いする場合の費用の相場は1社ごとに4万。

 

全部で7社からの負債がある場合28万必要になります。

 

必要な貸金業者との話し合いは自分でチャレンジすることも可能ですが、債務処理に関する経験も知識もない方だと向こうがあなたにとってデメリットの多いプランを提示してくるので、気を付けなければなりません。

 

それと、任意整理してもらうとしても保証人となる人に負債を立て替えてもらうことを意味するのですからあなたは少しずつでも保証人に支払っていく義務があります。

 

3つめはその保証人も返済できなくなった人と同様「破産申告する」ということです。

 

保証人である人も借金した人と同様に破産申告すれば保証人の債務も消滅します。

 

ただ、マンション等を所有しているならばそのものを取り上げられてしまいますし、証券会社の役員等の業務に従事しているのであるならば影響が出てしまいます。

 

そういった場合、個人再生という処理を活用するといいでしょう。

 

4つめですが、「個人再生を利用する」ようにします。

 

住宅等の不動産を残したまま負債の整理を行う場合や、自己破産手続きでは制限がかかる職にたずさわっている人にメリットのあるのが個人再生です。

 

この方法なら、住居する不動産は処分しなくてもよいですし、破産手続きの場合のような資格制限等は何もかかりません。

 



関連記事

襟足の形を整えるための脱毛について

襟足の形を整えるための脱毛について

2015年1月29日(木曜日)

フラッシュモブ参加条件

フラッシュモブ参加条件

2015年1月16日(金曜日)

専門医のいる美容皮膚科等で足脱毛をしてもらう!

専門医のいる美容皮膚科等で足脱毛をしてもらう!

2015年1月13日(火曜日)

地元で出来るフラッシュモブ

地元で出来るフラッシュモブ

2015年1月12日(月曜日)

住宅ローン審査で知っておきたい事

住宅ローン審査で知っておきたい事

2015年1月 9日(金曜日)